>>チャトレ初心者さん向けサイトを厳選<<

推し活おばさんだけど気持ち悪いと言わせない対処法【30代以上】

30代以上のオタク女性にとって、「推し活は幸せだけど年齢が気になってきている」のではないでしょうか。

推し活について調べてると、「推し活 おばさん 気持ち悪い」ってサジェストに出てくる!こういうのって若い子だけじゃないとやっちゃダメなの…!?

このまま推し活を続けていていいのかな?周りに痛いって思われたくないよ(けどやめられる自信なんてない)

周りはリア充なのに自分はずっとオタク続けてていいのか不安になる…

推し活に年齢は関係ありません。30代・40代・50代…さらに80代でも推し活をして人生満喫している女性を知っています。

推し活自体はあなたを幸せにしてくれるものです。

しかし、

  • 現場に行ったら若い子ばかり…
  • 自分の界隈、SNS見たら20代の子や学生がほとんど…
  • 周りは結婚や出産でイベントが進んでいるのに私は…

このように、ふと周囲を見て冷静になってしまう瞬間があるのではないでしょうか。

やめた方がいいのかもしれない。けど、やめられないしやめたくない…でも…

そんなあなたに向けてこの記事では、

  • なぜ30代以上の女性の推し活が気持ち悪いと思われるのか
  • 30代以上の女性が心置きなく推し活をするためのポイント

以上の2点をお伝えします。

みそら
みそら

この記事を書いているのは、

  • 30代個人事業主の女性
  • 12歳で2次元キャラにガチ恋、オタ活開始
  • 20代後半からアイドル(3次元)オタクにもなる
  • グッズも現場も大事
  • 人生の半分以上を推し活に費やす

このような人生経験を持つみそらです(笑)

若い頃からおばさんまでオタクを経験しているため、あなたと同じ悩みを抱いている時もありました。

「そろそろオタ卒した方が良いのでは?」と冷静になる瞬間もありましたが、結果的に推し活を続けて今はとても幸せです。

その経験から、おばさんオタクの推し活事情について解決できるヒントを提供していきます。

みそら
みそら

そもそも30代でおばさんって早くない…?と個人的に思いますが、ライフスタイルや身体の変化が起きやすい時期のため30代〜をおばさん扱いしています。ご了承ください。

記事にはアフィリエイト広告が含まれており、当ブログは経験を元にした情報提供の対価として広告収入を頂き運営しています。

推し活は生活を豊かにしてくれる素敵なものです。

しかし、おばさん…いわゆる30代以上の女性が推し活を続けていることに冷ややかな目を向ける人がいるのも現実です。

「その年齢でまだ推し活してるの!?」「結婚や出産は!?」などという個人的感想のような批判は気にする必要はありません

推し活をしたことがない・興味がない方にとって、その魅力を知らないのですから熱狂している姿を見て批判的になることは仕方がなく理解を求めることはできません。諦めましょう。

そうではなく、もっと別に「気持ち悪い」「痛い」と思われる理由があるようです。

おばさんの推し活が痛いと思われてしまう理由を挙げていきます。

これから挙げる特徴は全ての人に当てはまるわけではなく、一部の過激な方が目立つため悪いイメージとして定着しているということです。

推しのことを好きすぎるがあまり、その熱心さから言動が過激になる方は周囲から冷ややかな目で見られてしまいます。

例えば、

  • 課金額やグッズの数で周囲にマウントをとる
  • 同担の人を叩く、悪口を書き込む
  • 現場でのルールを守らない、騒いだりはしゃぎすぎる
  • イベントのために急に仕事を休む、フォローしない

このように、周囲に影響が及んでくると「いい大人が自制もできないなんて気持ち悪い」と感じられるようです。

とにかく推し活にお金を費やすために他で節約しすぎると「自分の身なりに気を遣っていない」と見られてしまいます。

例えば、推し活にお金を使うために

  • 髪の毛を整えない(美容院などに行かない)
  • 食費を抑えすぎて不健康に見える
  • 手入れされていない明らかにボロボロの服を着ている

このように節約ばかりしていると自分のことが疎かになってしまい、周りから痛々しく見られてしまうのです。

一昔前に比べると、「オタク」の人口は増えましたし偏見の目は少なくなりました。

ですが、身につけている物の“オタク感“が強すぎると「大人なのに…」と冷ややかな目で見られてしまうことがあります。

例えば、

  • 仕事用のバッグに缶バッジやアクキーをたくさん付ける
  • アニメキャラがプリントされた服を着る

など、明らかにオタク感が強いと引かれてしまうことがあるようです。

推し活とお金は切っても切り離せない問題です。

多くのファンが公式にお金を使わなければ、供給がなくなります。

その中で、自分の生活を守りながら推し活にお金を使っていることには問題ないのですが、

  • 借金をしてまで推し活にお金を使っている
  • 身内の生活を圧迫してまで推し活をしている
  • 推しにお金を使いすぎて自分の身なりが疎かになっている

このような姿を見ると、「やりすぎ」という印象を与えて気持ち悪いと感じさせてしまうようです。

「お金を使う=推し活」ではありません。中には全くお金をかけず楽しんでいるオタクの方もいます。(地上波やYoutubeの視聴など)

推し活をしておらず、否定的に見ている方にとって推し活は「他人(キャラ)に貢いでいる」と馬鹿らしく感じるようです。

生活に必要ないことや実用的でないものにお金を使うことを「無駄遣い」と捉えている人からすると、我々オタクの行動は理解できないものなのでしょう。

大人になったらなおさらそう思われてしまいます。

確かに、客観的に見ると貢いでいることも無駄遣いであることも間違いではありません。

ですが、好きなことにお金をかけることは推し活に限らず趣味全般で言えることです。

推し活で推しのためにお金を使うことは人から見ると無駄遣いかもしれませんが、そこでしか得られない幸せや経験があります。

理由④のように周囲に影響を及ぼすほど荒いお金の使い方をするのは問題ですが、自分で決めた予算内での推し活であれば他人にどう言われようとも気にする必要はありません。

推し活おばさんが「気持ち悪い」と言われてしまうのには、上記のような理由がありました。

ですが、これから挙げていく5つのポイントを意識していれば周囲に「気持ち悪い」「痛い」など言われることはなくなるはずです。

その前に、理想的な推し活をしている女性の動画を見つけたためシェアします。

東京ガスのCMなのですが、この動画の様子は理想的な推し活の姿だと言えます。

  • 仕事や家事を頑張りながら、(生活を守りながら)
  • 自身の収入の範囲で活動し(ここは名言されていないので想像ですが)
  • 推しをきっかけに交友関係ができ
  • 言語学習など新たな世界に飛び込んでいて
  • それによって仕事にも良い影響を与えている

この動画から、推し活によって生活が輝いているのが伝わってきますよね。

正しい推し活をしていれば「気持ち悪い」どころか、あなた自身が魅力的に見られるようになります。

恋愛や結婚、出産などのライフイベントが気になる方は推し活と同時に婚活などを進めることをオススメします。

ただし、

  • 「周りが結婚や出産をしているから」
  • 「周りに婚活しろと言われたから」
  • 「独身だと冷ややかな目で見られるから」

という理由であればオススメできません。

あくまで、自分が「結婚や出産を望んでいる」という場合にのみ推し活と同時進行するべきというお話です。

婚活や出会いの場を探すとなると、推し活が疎かになってしまうかもしれませんがやめる必要はないのです。

結婚のことなどを気にしながらの推し活は身が入らないですから、まずはライフイベントも進めていきましょう。

みそら
みそら

最近では、オタクに特化した婚活支援サイトがありますよ♪

【参考】初期費用0円から始められるヲタ専用婚活サービス

ヲタ婚の特徴

  • 初期費用0円で婚活を始めることができる
  • 男性会員もオタクだから、気が合うし理解されやすい
  • オタクであることを隠す必要がなくむしろ活かせる
  • オンライン完結で利用できる
  • 運営は登録会員数5万人以上の婚活グループだから安心◎

\3分で無料登録完了♪/

「ヲタ婚」に無料登録

推し活をする中で周囲が見えなくなるほど言動が過激になると白い目で見られてしまいます。

推し活をしているとどうしても、「あの人より私の方が好きってアピールしたい!」など他人と比べてがんばりたくなってしまう時がありますよね。

ですが、そういった思いが強すぎると無意識にマウントをとってしまったり他人を攻撃してしまうなど過激になってしまう可能性があります。

推し活は本来、あなたを幸せにしてくれるもの。

ですから、他人と比べることなく自分のペースを大切にすることが重要なのです。

みそら
みそら

視野が狭くなると無意識に周囲に影響を与えてしまうことがありますから、冷静になることも大切です。

イベントや現場でアニメやアイドルのグッズを着用するのは問題ありません。

むしろ、そこに自分の大好きなグッズを身につけて参戦するのもひとつの楽しみですよね。

ですが、プライベートやオフィシャルな場所ではグッズの着用を控えるか、グッズと分かりにくいグッズを身につけることをオススメします。

昔は“いかにも”なプリントが多かったですよね(笑)

ですが今は、割とおしゃれで「これコラボグッズ!?」と疑いたくなるほど実用的なデザインのグッズが増えています。(オタクならロゴなどで見抜きますが)

職場でも推しを感じたいんだ!でも周りの目が気になる…という場合、一般の人が見て分かりにくいグッズを着用することで気にせず楽しむことができます。

推し活費用にお金を使いすぎて自分の身なりを後回しにしているとマナー違反に見られることがあります。

社会人として、

  • 髪を清潔に整える
  • 食事を整え健康的に魅せる
  • 清潔感のある服を着る

このようなことにちゃんと投資し気をつけることで「痛々しい」と見られません。

推し活にお金を使うのは自由ですが、借金をしたり家庭を圧迫していると周囲の目は厳しくなり、自制心がないという印象も与えてしまいます。

推し活のためにお金を使う時は、

  • 収支を明らかにし、推し活費の予算を決める(計画する)
  • 予算内で、借金をせずやりくりする
  • 推し活によって周りの人に我慢させない

これらのことに気をつけていれば、周りに文句を言われることはありません。

借金してでも今お金が必要なんだよ〜溢れる欲望を止められないのが推し活でしょう!

もちろん、その気持ちもよく分かります。

そんな時は副業で稼ぐことがオススメなのですが、特に推し活女性に向いているのがチャットレディ&メールレディのお仕事です。

若い子向けの仕事だと思われるかもしれませんが、30代以上の女性専門サイトの求人があります。

チャトレ・メルレの特徴

メリット

  • 年齢を気にせず働くことができる
  • 本業を続けつつ在宅の副業でプラス収入を得られる
  • 合わなければすぐ辞められる

デメリット

  • 稼ぎすぎると確定申告が必要になる
  • 身バレに注意する必要がある

>>関連記事「副業チャトレ・メルレはいくらから確定申告?会社バレ対策など解説

みそら
みそら

私自身がチャトレとメルレをしていますが、昔よりも推し活にお金を使えるようになって幸せです。今の生活を守りながら収入を増やすことができ、推し活をより豊かにできますよ♪アラサーさん、アラフォーさんでもオススメです!

一番はじめやすいのは「GRAN(グラン)

サイト名GRAN(グラン)
メール報酬単価
音声通話単価
ビデオ通話単価
40円(1通)
55円(1分)
90円(1分)
運営会社(株)アテナコーポレーション
姉妹サイトCREAキャンディトーク

GRAN(グラン)の特徴

  • メールのみの活動でもOKだから始めやすい
  • 30代以上の女性が歓迎されるため年齢を気にせず働ける
  • 完全に在宅のみでできるお仕事
  • 他サイトよりメールの単価が高い

おばさんと呼ばれる年齢になったオタク女性に向けて、

  • なぜ30代以上の女性の推し活が気持ち悪いと思われるのか
  • 30代以上の女性が心置きなく推し活をするためのポイント

以上の2つをお伝えしました。

「おばさんの推し活が気持ち悪い」と思われるのは、ただ単に推し活自体に偏見がある場合があります。

そういう声は根本的に考えが違うため、気にしなければいいだけの話です。

何かを崇拝したり没頭することは快感ですが、わからないという人は一定数います。

ですが、自分や周りのことを疎かにして推し活にのめり込むことは「大人なのに」と白い目で見られることがあります。

大切なのは、推し活のために色々なことを犠牲にするのではなく、自分の幸せのために推し活を取り入れることです。

夢中になれる趣味を持っている女性は輝いています。

生きがいを感じ、心ときめく瞬間があると、日々がもっと楽しくなりますよね。

そういった姿は周りから見ても素敵に見えます

ただ、そのために自分の全てを捧げたり周囲を巻き込んでしまうと話が変わり「気持ち悪い」などと思われてしまうのです。

自分の生活をきちんと成り立たせた上で行う推し活は気持ち悪いどころか、輝いて見えます。

安心して推し活ライフを楽しんでくださいね。

推し活女性にオススメの在宅副業はコチラ

error: このコンテンツのコピーは禁止されています